読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マニラ空港について

f:id:loveairbus:20170514210754j:plainf:id:loveairbus:20170514210834j:plain

今回、初めてマニラ空港とマニラ市内に降り立ちました。

フィリピンといえば、ドゥテルテ大統領がドラック撲滅に向け中毒者を収監したり殺害したりというニュースが有名で、ネットで検索してもマニラ空港はアジア最悪とか、市内は危ない、怖いなど悪い情報ばかりでした。

で、実際はどうだったかというと…

今回利用したのは第1ターミナル(グアムから到着)と第3ターミナル(羽田への帰国)でしたが、どちらも空港は綺麗でした。ネットではガラスが割れているとか色々書いてありましたが、私の見た限りは綺麗でした。

ただし、空港のオペレーションはどうかというとやや微妙でした。

今回は単純な乗り継ぎだとしても、乗り継ぎついでに市内観光をするにせよ、第1ターミナルから第3ターミナルへの移動が必要なのですが、その移動が大変でした。

第1ターミナルで係員にEチケットとパスポートを持っていかれて30分くらい待たされたました。乗り継ぎのオペレーションが悪いらしくシドニーに帰るというオーストラリア人も待たされていました。私は二人だったので良かったですが、一人だったらなかなか心細かったと思います。空港職員だとしてもパスポートを持って行かれたときはかなり不安でした。結論としては、おそらく係員は乗り継ぎ便と荷物の確認をしてくれていたようなのですが、他の国の乗り継ぎではこんなことないですよね。グアムで預けた荷物は羽田受け取りのはずでしたがマニラで出てきて係員に第1ターミナルを出るときに渡してもらいました。渡されなければマニラでピックアップするつもりなどなかったので危なかったです。マニラ乗り継ぎのときはチケットに貼り付けられた荷物の最終受け取り場所にかかわらずマニラで確認したほうが良さそうです。

空港間移動もバスが1時間に1本くらいしかなく、乗り継ぎ時間が短いときはタクシーを使う必要があるかもしれないということでなかなかハラハラします。私は乗り継ぎに時間的余裕があり、たまたまターミナルを出たらちょうど第3ターミナル行きのバスが出るところだったので、慌てて止めて乗せてもらいました。時間がないときや知らない土地では自分で考えるよりも係員に聞くのが一番だと思います。

乗ったバスというのが一応空港が運行していると思われるもので無料ではありましたが、もうインドくらいしか見かけるとこのないボロボロのバンでした。運転手さんはいい人で結論としては無料で次のターミナルまで荷物も私も無事に運んでもらいましたが、同乗していたフィリピン人らしき3人組は運転手にそっとお金を渡していたので、単なるチップならいいのですご、日本人のスーツケース泥棒の片棒を担ぐのでは、と到着まで荷物を心配していました。

空港から出るライフルみたいな銃を構えた警察官も結構いて、少しだけ怖かったです。タクシーには乗らなかったので、どの程度、ふっかけてくる悪徳ドライバーがいるのかはわかりません。

リゾーツワールドマニラ行きのバスの運転手さんとバスは非常にまともでした。


<a href="http://www.pointtown.com/ptu/regist/friendship.do?guid=ON&found=100166&intrid=BRvAphkwd4Yet&cid=6183" target="_blank"><img src="https://img.pointtown.com/image/page/friendship/banner/ptF_2_170x170.png?v3"></a>



GW 仙台→博多→グアム→マニラに行ってきました その3

f:id:loveairbus:20170514155135j:plainf:id:loveairbus:20170514155155j:plainf:id:loveairbus:20170514155209j:plainf:id:loveairbus:20170514155233j:plainf:id:loveairbus:20170514155253j:plainf:id:loveairbus:20170514155314j:plain仙台→福岡はあまり意味はないのですが、せっかくだから博多でラーメンでも食べようか程度の思いです。
でも、結果的には、福岡は空港と市内が近いので、次の日のグアム行きの朝の支度時間や移動がとても楽でした。国内はほんとにどこも行ったことないのですが、博多はホテルもたくさんあって夜も活気があっていいとこですね。また(乗り継ぎ)利用したいと思いました。
ちょっと前にオーバーブッキングで話題だったユナイテッド。キャンセル続出かと思いきや普通にほぼ満席でした。機内サービスは、エコノミー席だし期待はしていませんでしたが、昼食で提供されたテリヤキサンドが美味しくて、少しだけ感動してしまいました。まだまだエコノミーの食事もいただけそうです。
グアムは海に行って、ゴルフした程度です。リゾートは大して買うものがないので、お金を使わなくていいですね。今回の旅、空港使用料等、ホテル代、現地タクシー代、ゴルフ代、食事代、お土産代など含めて、二人で10万円くらいです。同じ時期にツアーで行ったら一人10万くらいはしそうですよね。
帰国の日。マニラ乗り継ぎ(フィリピン入国)も今回の目的のひとつ。知り合いでよく仕事でフィリピンに行く方がマニラの空港近くにカジノがあって、そこは綺麗だし安全で、日本人が作ったホテルもあってオススメというので、ますまは乗り継ぎ時間に出るくらいがちょうどいいと思い、この旅程を組んだのです。
ここからは、カジノ好きで、今後、リゾーツワールドマニラ(Resorts World MANILA)へ行ってみたい方へのご参考です。
このカジノはマリオットホテルなどの横に併設されていて、地図上では第3ターミナルからすぐです。ネットなどで調べると、頑張ればターミナルから歩くこともできそうですが、荷物があったり、初めてでは難しいので、シャトルバス利用がいいと思います。シャトルバスは第三ターミナルを出て12番というところに止まっている赤い綺麗なバスに乗れば大丈夫です。どうやらカジノと主要なホテルへの運行を行なっているようなので、乗るときに「どこのホテル?」と聞かれるので、カジノに行くならはマリオットホテルと答えれば問題ありません。帰りはマリオットホテルで降りたバス停にいれば空港行きの行きに乗ったのと同じ赤いバスが来るのでそれに乗るだけです。ただし、空港行きはターミナル1、2とターミナル3で分かれているので、どのターミナルなのかは乗る前に確認して下さいね。
カジノの中は他のアジアのカジノとほぼ同じでした。朝だったせいか、カジノ客はほとんどかフィリピン女性のようでした。香港あたりでベビーシッターや家政婦として出稼ぎしてきたお金を増やそうとしてるのかな、と勝手な想像してました。時間帯もあると思いますが、他のアジアのおじさんたちでぎゅうぎゅうのカジノより女性の多いマニラのカジノ、私は割りと好きでした。
メンバーカードを作ると初回特典やソフトドリンク無料などのサービスがあるので作ってみてもよいと思います。ゲーム中にパスポートを預けると勝手に作ってきてくれました。ゲームする前に受け付けでカードを作ることもできます。違いは写真をその場で撮るかパスポートのものが貼り付けられてしまうか、と、ゲームの前に特典を受けたり確認ができることくらいで大差はないと思います。乗り継ぎ時間が少ないときは必要であればゲーム中に作ってもらえば時間短縮になると思います。バーでの1杯無料券など魅力的な特典があったのですが、夜しか使えない、と言われ、今回はソフトドリンクを無料でいただけたくらいしか特典利用できませんでした。。

GW 仙台→博多→グアム→マニラに行ってきました その2

f:id:loveairbus:20170514150947j:plainf:id:loveairbus:20170514151027j:plainf:id:loveairbus:20170514151110j:plainマイルを使ってまとめて国内&海外に行こうと思う方へのご参考に今回の旅程は以下の通りです。


4/30 10:00成田発 NH3231

         11:05仙台着

4/30 19:30仙台発 NH1278

         21:35福岡着

5/1   11:50福岡発 UA166

        16:35グアム着

5/3   07:00グアム発 UA191

        08:55マニラ着

5/3   14:40マニラ発 NH870

         20:00羽田着


今回は仙台のキツネ村が主目的だったので、グアムを2泊にしてしまいましたが、行ってみたら、GW長かったしもう一泊くらいしても良かったかな、という印象です。20年ぶりくらいのグアムで、さほど期待をして行かなかったのですが、海はキレイだし、ほとんどのところで日本語が通じるので、お年寄りや英語が苦手、海外が怖いと思ってるような方にも軽い気持ちで行けるし、何よりあまりマイルを使わずに行けるリゾートというのが良かったです。これこらちょくちょく行ってもいいかな、と思ってます。


今回の主目的のキツネ村ですが、仙台から車で1時間くらいのところなので、レンタカーで行ってきました。

正確にはタイムズのカーシェアです。普段、都内でも利用しているのですが、このときは約7時間借りて6千円弱でした。知らない土地で足がないときにも安く使えてカーシェアってホント助かります。ちなみに仙台では普通の国産車でしたが、都内だとローバーミニアウディなども良心的な価格で借りられてお得です。

で、キツネ村。入場料が一人1,000円。なかなか妥当な設定だと思います。基本的にはこれだけで大丈夫ですが、入場すると赤ちゃんキツネと親キツネを抱けるイベントをやっています。これが1時間おきくらいで、それぞれ400円、その場払い。私はテレビでそれを見て行きたいと思ったので、親も子も抱きました。これで400円×2=800円。それとキツネ放し飼いエリアにエサをあげられる場所があり、そのエサ代が1袋100円。あまりの可愛さに2袋やったので200円でした。他にも私たちは買いませんでしたがヤギのエサ100円などもありました。今回のキツネ村はしめて、二人で行ってちょうど3,000円。悪くなかったです。

フサフサのキツネは冬毛の間だけで、夏になると毛が抜けてフサフサじゃなくなるようなので、これから行きたいと思った方はキツネ村のHPなどで確認してから行って下さい。

        

GW 仙台→博多→グアム→マニラに行ってきました その1

f:id:loveairbus:20170514130141j:plainGWはおとなしくしていようと思っていましたが、2週間くらい前にニュースで、蔵王白石というところに行きづらいエリアにもかかわらず外国人観光客がたくさん訪れる「キツネ村」という施設がある、と報道していて、そこにはキツネが大量に放し飼いされていて、抱くこともできる、とのことで猛烈に行きたくなり、急遽、GWに蔵王白石に行くことに決めました。

国内旅行にめっぽう弱い私なので、蔵王白石がどこにあるのかもわからず、キツネ村のHPを見て、仙台から行けるらしいことがわかったら、今度は新幹線料金を調べて、東京-仙台で片道13000円くらいで、「あー、日本の交通費は高いな。イタリアなら大好きなイタロならフィレンツェ-ヴェネチア間でも5000円くらいなのに。行くのやめようかな。」と諦めかけていたのですが…

マイルで行く?

そうだ。マイルなら国内線なら空港使用料もなかったはずだし安上がり。と思って調べると、成田仙台間で12000マイルだか15000マイルだか。これなら韓国行くほうがいいな。と、また壁にぶちあたってしまいました。

が、いや、待てよ。それならそのまま海外に出ればいいんだ!

ということで、本当は仙台が最終目的地だったにもかかわらず、マイルを使うのがもったいないから、ついでにグアムに行くことにしました。

マイルってホントに素晴らしいですね。

ということでGWは仙台(蔵王白石)のキツネ村に行き、そのあと博多からグアムに行って、帰りはマニラでちょっとカジノに寄って帰ることになりました。今回は近距離なのでマイル節約のためエコノミーで、一人23,000マイル、空港使用料などがしめて9,680円。GWの過ごし方としては良かったな、と思います。


参考 エティハド航空 アメニティ(ポーチ)

f:id:loveairbus:20170305134335j:plain


参考までに、こちらは昨年乗ったエティハド航空でいただいたポーチです。カタールに比べるとポップな感じです。香水はなく、歯ブラシ、コットン、綿棒など入ってます。

アブダビ乗継パリに行ったので、往復4路線分ポーチをいただきました。

いろんな色があるので集め甲斐があります⭐︎

f:id:loveairbus:20170305135047j:plain

カタール ビジネスクラス アメニティ(ポーチ)

f:id:loveairbus:20170305132739j:plain 

f:id:loveairbus:20170305132830j:plain

上が女性用、下が男性用事です。耳栓、アイマスク、靴下、リップクリーム、ブラシは男女共通です。

歯ブラシ、化粧水などはトイレに用事があるのでポーチには入っていません。

ポーチは男女ともアルマーニ。男性用はGIOのアフターシェーブバームとコロン、女性用はSiのボディーローションとコロン。アフターシェーブバーム、ボディーローションともに75mlで結構なボリューム。いいお土産になりました。

f:id:loveairbus:20170305133603j:plainf:id:loveairbus:20170305133619j:plain

機内用のスリッパ。気に入ってしまい持ち帰り、さらに、今、家で普通に使っています。ふっくらと履き心地がいいんです。

ビジネスクラスは料金は高いですが、気持ちよく旅行ができるし、ちょっとしたお土産(?)がもらえるのが嬉しいです。


QR807 成田→ドーハ メニュー

f:id:loveairbus:20170305131402j:plainf:id:loveairbus:20170305131419j:plainf:id:loveairbus:20170305131441j:plainf:id:loveairbus:20170305131502j:plainf:id:loveairbus:20170305131518j:plain

しっかりとした食事とドリンクのメニューブック。思い出にいただきましたが、とても立派です。

和食、ボリュームたっぷり、贅沢な食材で美味しかったです。

ドリンクメニューな日本語表記はありませんが日本便には焼酎などの用意もありました。

いつでも寝れる体勢で、映画を流しながら、美味しい食事とお酒を好きなだけいただける、まさに天国です。成田22:20発の深夜便にもかかわらず、結構な人数の乗客が夕食をいただいてました。みなさん、カタールの食事が美味しいから、遅い時間にもかかわらず食い意地が張ってます(笑)